INFORMATION

2018 / 07 / 11  07:54

角膜内皮細胞をご存じですか ~将来、後悔しないために~

・角膜の一番裏側にある細胞で、再生することはありません。無理なコンタクトレンズの装用で、角膜が酸素不足になるとこの細胞がどんどん減少します。将来、角膜が弱ってしまうと白内障の手術が受けられなくなる場合があります。最悪の場合、失明する恐れがあります。

・コンタクト使用歴の長い方、インターネット購入のみで定期検査をされていない方は角膜内皮細胞数の検査をおすすめします。

・これから長くコンタクトレンズを使用する若年者の方には、シリコンハイドロゲル素材のレンズをおすすめします。

1